専門課程・美術コース・文芸コースオープンキャンパス実施中
@bunka1921 文化学院公式ツイッター 学校生活をつぶやいていますフォローしてみてくださいね

お知らせ

  • 017
  • この時にこの本と

本

本との出会いはさまざまです。文芸コースでは、入学された1年生のみなさんに、課題図書を提示しました。早野龍吾・糸井重里『知ろうとすること』、井上ひさし『父と暮らせば』、サン・テグジュペリ(堀口大学訳)『人間の土地』、梨木香歩『家守綺譚』の四冊から一冊を選びます。インタビュー、戯曲、詩的考察、小説。作者の名前とか、表紙の絵とか、題名の好き嫌いとか。まるで本に呼ばれたように無意識に手に取った一冊がかけがえのないものになることがあります。この時にこの本とよくぞ出会えたな、というような。人との出会いと同じです。