@bunka1921 文化学院公式ツイッター 学校生活をつぶやいていますフォローしてみてくださいね

文化学院とは

文化学院は、1921年(大正10年)に教育者・西村伊作によって創設されました。以来、文化・芸術教育に取り組み、個性的で、有能な講師陣からなる授業が行われました。歴史的には、文化学院を含めたいくつかの学校が大正デモクラシーの流れをくみ、戦前の日本の教育からは考えられないような自由主義的な教育方針をとっていました。戦後は、文学・美術・教養科目を中心に引き続き行ってきました。現在、文芸と美術に重きをおいて、先生方は学生達の創作活動に意欲をもって指導しています。専門学校でありながら、専門性を求めない、何かをコツコツと創り上げる学校です。学生は規則に縛られない学校で、先生の熱い指導と実践に導かれて、のびのびと学びながら自分を発見することができます。文化学院は管理的発想のない小さくて学校らしくない学校です。

校長 佐竹 俊夫

創設者 西村伊作のことば

西村伊作西村伊作

自分の娘、息子のよう、みんなのために祈る。
どうかこの人の一生がよい物となるように、偉くならなくても、生まれた甲斐のあるよい人に、静かな心、自分を正しく、ゆがめられずに、真っ直ぐにいくようにと。
途中で去った人にも、今どこかで私のまいた種の芽がはえ、 この学院が一生心に残るだろう。私は祈る、天の恵みが、みんなの上にあるように。

文化学院の創設に関わった人たち

与謝野晶子
与謝野寛
石井柏亭
川崎なつ

与謝野晶子のことば

私たちの学校の教育目的は、画一的に他から強要されること無しに、個人個人の能力を、本人の長所と希望に従って、個別的に、みずから自由に発揮せしめるところにあります。これまでの教育は功利主義に偏して居ましたが、私達は、功利生活異常の標準に由って教育したいと思います。即ち貨幣や職業の奴隷とならずに、自己が自己の主人となり、自己に適した活動に由って、少しでも新しい文化生活を人類の間に創造し寄与することの忍苦と享楽とに生きる人間を作りたいと思います。言い換えれば、完全な個人を作ることが唯一の目的です。

文化学院の沿革

ページ上部へ