@bunka1921 文化学院公式ツイッター 学校生活をつぶやいていますフォローしてみてくださいね

おしらせ トピックス

● 本ページの情報は2008年度のものです。

文化学院 創造表現科 演劇専攻第35期 卒業公演『放課後』のご案内です。

卒業公演『放課後』

杉並のとある高校のありふれた放課後の話。
放課後は一番、話が盛り上がる時間。
誰でも一度は体験した時間。
何か忘れ物をした時間。
今回の卒業公演でその忘れ物を取りに行こうと思います。
皆様のご来場心よりお待ちしています。

場所 文化学院講堂(13階) 入場無料
日時 3月6日(金) 19:00~
3月7日(土) 14:00~/18:00~
3月8日(日) 14:00~
※開場時間は開演時間の30分前
作 演出 桐野 翼
Direction 阿藤智恵  照明:伊藤孝  音響:熊野大輔
Cast 津賀保乃、依田千彬、井上愛子、石田未来、浅田舞、勝見友哉、杉田翔、竹内拓也、桐野翼
Staff 音響:岡野愛、許斐祐  照明:杉田翔  演出助手:浅田舞、竹内拓也
衣裳:金崎麻衣  宣伝美術:石田未来  制作:小倉慎悟  舞台監督:勝見友哉

ご来場の日時がお決まりの方は当日までに下記へご連絡下さい。お席をご用意致します。
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5 文化学院
TEL:03-3294-7551

2009年2月25日

文化学院 総合芸術科 文芸コースの講師・立花万起子先生の記事が産経新聞に掲載


(画像クリックで拡大)

文化学院 総合芸術科 文芸コースの講師・立花万起子先生の記事が産経新聞(2009年2月2日)に掲載されました。

2009年1月30日

文化学院卒業生・天童大人さんの記事が毎日新聞に掲載


(画像クリックで拡大)

文化学院卒業生で詩人・朗唱家の天童大人さんの記事が毎日新聞(2009年1月26日)に掲載されました。

2009年1月30日

文化学院 高等課程・専門課程『手作り絵本展』開催のお知らせ!

文化学院の生徒による英語の手作り絵本展
文化学院の生徒による英語の手作り絵本展

文化学院 高等課程・専門課程『手作り絵本展』を開催します。
これまで高等課程・専門課程の授業で学生たちが作った絵本を展示します。

開催期間 2009年2月26日(木)~3月8日(日)
※3月1日(日)はお休み
開館時間 AM10:00?PM18:00
場所 学生5階ラウンジ

2009年1月15日

『高等課程 演劇・音楽・ダンスコース 三田先生紹介』、朝日新聞に掲載


(画像クリックで拡大)

『高等課程 演劇・音楽・ダンスコース 三田先生紹介』記事が朝日新聞(2009年1月5日)に掲載されました。

2009年1月15日

『与謝野晶子シンポジュウム』、中国新聞・佐賀新聞に掲載

2008年11月23日に実施された『与謝野晶子 生誕130周年記念シンポジュウム』に関する記事が中国新聞(2008年12月19日)と佐賀新聞(2008年12月29日)に掲載されました。

中国新聞 (画像クリックで拡大)

佐賀新聞 (画像クリックで拡大)

2009年1月15日

大好評!『専門課程の授業体験』のご報告!

12月14日(日)は専門課程の受験希望者様を対象に、当校の授業内容、就職、デビューの仕方や先生の人柄等についてもより深く、身近に体験して頂くために2009年度のシミュレーション授業を実施いたしました。

『専門課程の授業体験』の様子はこちら

2008年12月22日

文化学院高等課程デジタルデザイン科 『第3期生 卒業制作展』

3年間の集大成となる映像作品、グラフィツクス作品を展示いたします。

■日時
12月24日(水)~12月27日(土) 9時~19時
※24日(初日)は13時から
※27日(最終日)は15時まで

■会場
文京シビックホール内1階 『アートサロン』 文京区春日1-16-21
TEL: 039-5803-1120(内戦3661)

卒業制作展の様子

卒業制作展の様子

卒業制作展の様子

2008年12月8日

11月23日 『与謝野晶子 生誕130周年記念シンポジュウム』文化学院で開催決定!

報告レポート

11月23日はお天気にも恵まれ100名以上の与謝野晶子ファン・研究者の皆様が当校の会場であります13階の講堂へ足をお運び下さいました。

『与謝野晶子 生誕130周年記念シンポジュウム』のレポートはこちら

開催概要

与謝野晶子

与謝野晶子生誕130周年歌人として、教育者として、童話作家として今年は与謝野晶子の生誕130年という節目に当たります。晶子は、明治11年(1878年)12月7日、大阪堺の菓子舗「駿河屋」に三女として誕生。内気で読書の大好きだった少女は、やがて与謝野鉄幹と出会って激しい恋におち、東京に出奔、歌集『みだれ髪』が誕生したのは明治34年(1901年)8月でした。
恋と性愛を大胆に詠んだ歌によって「やは肌の晶子」とも揶揄されますが、この歌集が文学の20世紀を開いたのは間違いありません。その後も『舞姫』『春泥集』など優れた詩歌集を出し続け、明治末年のパリ滞在は晶子に日本の相対化という視点を獲得させます。大正時代からは女性・社会・教育にかかわる夥しい評論、たくさんの童話、『源氏物語』などの古典評釈へと執筆の領域を拡げていきました。

大正10年(1921年)、紀州の西村伊作により東京御茶ノ水に文化学院が創立されます。晶子は夫・寛とともに教壇に立ち、子供は文化の豊かさ溢れる環境で自由と個性を重んじて教育されるべき、との理念を実践。11人の子供を生み育てる中で掴んだ理想的な教育でもあったのです。

生誕130年目の今年、晶子を歌人・教育者・童話作家という面から捉えてみたいと思います。文化学院にご協力していただけたことは、その意味で大変意義のあることではないでしょうか。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

■日時 2008年11月23日(日)13時30分~17時 (12時30分開場)

■場所 文化学院 ホール階(13F) 地図はここをクリックしてください
              東京都千代田区神田駿河台2-5
              JR「御茶ノ水」駅御茶ノ水橋口より徒歩5分
              東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅・千代田線「新御茶ノ水」駅B1出入り口より徒歩6分

■会費 2,000円(資料代含む) 当日受付でお支払いいただきます

■定員 300人

■プログラム

  • 挨拶 平出 洸 (平出修研究会主宰)
  • 講演 逸見 久美 (元聖徳大学教授)
    「文化学院を愛した与謝野夫妻」
  • 箏演奏 横山 裕子
    「ことのねことのはうつくしのゆめ?箏で謳う与謝野晶子?」
  • シンポジウム
    「晶子?歌人として、教育者として、童話作家として」
    立花 利根 (文化学院副校長)
    萩原 茂 (吉祥女子中学高等学校教諭)
    松平 盟子 (歌人)               <50音順>
    司会/内藤 明 (早稲田大学教授・歌人)
  • 挨拶 戸田 一雄 (文化学院校長)
    【総合司会】西川 惠 (毎日新聞専門編集委員)

■申し込み
「明星研究会」事務局あて      ネット上での受付は11月20日まで(先着順)。
なお、それ以後は23日当日、空席次第で会場で直接受け付けます。
宛先メールアドレスはapply@myojo-k.net
メールの件名を「明星研究会申し込み」とご記入いただき、氏名と住所(都道府県および市町村まで)をご連絡ください。
※当日の受付での整理の都合上、申し訳ありませんが、「一般の方」 と 「文化学院関係者の方」 を便宜上分けて受付をいたしますので、
どちらであるか、その旨を明記してお申し込みくださると助かります。
いただいた個人情報は、今回の催し以外、一切使用はいたしません。
<主催>明星研究会 <世話人>平出洸 <後援>文化学院

明星研究会の公式ウェブログ

2008年10月20日

昭和第一高等学校、ダンス同好会が来校!

昭和第一高校 ダンス同好会の皆さん

昭和第一高校 ダンス同好会の皆さん
少し照れ気味、恥ずかしいかな?

昭和第一高校 ダンス同好会の皆さん
だんだんと雰囲気に慣れてきたところ!

今年度より、昭和第一高等学校様と友好的な関係をとらせて頂いております。

8月26日・27日のオープンキャンパス・体験入学にもダンス同好会の生徒10名ほどの皆さんが当校に来校されました。

大きな目的は昭和第一高等学校様の文化祭に先立ち、この夏休みに文化学院のダンススタジオで当校のプロの先生が指導する“特別レッスン”を受講し、更なるレベルアップを楽しく学ぶためです。生徒の皆さんも真剣にダンスレッスンを受けました。

文化祭当日のレポート:9月28日(日)

昭和第一高等学校様の文化祭が午前11時より、当校で夏の練習を積まれたダンス同好会の皆様がヒップホップを中心に力いっぱい、生き生きとした笑顔でダンスを披露しました。とても充実した発表会となりました。

文化学院も昭和第一高等学校様のダンス同好会を応援して参ります。
頑張れ!!ダンス同好会の皆さん!
他校の皆さんもお気軽にご参加下さい!

2008年10月1日

“秋の集い” 学園祭のお知らせ!

秋の集い

秋の集いポスター

報告レポート

秋も深まりを見せる頃、前日まで大雨に見舞われ文化祭の開催が心配されましたが、当日は雨も上がりあり絶好の開催日となりました。

学園祭“秋の集い” 当日の様子をご紹介!

開催概要

学園祭“秋の集い”開催当日は学生の作品展示や演劇・ライブ・フリーマーケット・模擬店等のイベント盛りだくさんの催しものをご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。

今回の秋の集いでは、来春文化学院の新体制と言う事もあり、卒業生(OG・OB)“大先輩”たちのお越しを在校生ならびに教職員一同を大いに期待しております。

■日時
10月25日(土) 10:00~18:00
10月26日(日) 10:00~16:00

■作品展示
◎専門課程……創造表現科・美術科
◎別科(生涯教育)……版画研究科・日曜美術科・アート&クラフトセンター
◎高等課程……英語科・美術科
◎熊野文化セミナー作品展
◎マロニエ展(美術科実技講師)

■イベント
演劇・ライブ・フリーマーケット・模擬店・2009年度入学相談会 など

ウエルカム・ゲート
5階ラウンジに完成した文化祭のウエルカム・ゲート(レインボーアーチ)が完成。

板をペイント
板を1枚1枚きれいにペイント!

学園祭の様子

学園祭の様子

学園祭の様子

2008年10月1日

10月7日(火)『プレス学校内覧会』開催のご案内

報告レポート

平成20年10月7日(火)文化学院の講堂(13階ホール)にて、来年度に向けての『文化学院の新体制』による教育理念、教育体制、カリキュラム、伝統と歴史等について記者会見が行われました。会場へは来賓方々をはじめ記者の皆様を中心として取引パートナー様を含む総勢80名の方々にご列席を賜りました。

『プレス学校内覧会』開催の報告レポートはこちら

開催概要

文化学院は1921年の創立以来、文芸・美術等芸術の世界において、その先駆者たる人材の輩出を願い教育を推進して参りました。そして、2009年4月より、放送・映画・ダンス・音楽・声優・演劇等の分野を新たに加え、より充実した芸術学校として再スタートを切ることとなりました。

芸術創造力を高めるためには、15歳から20歳の時期に集中的に感性を磨くことが大切と私たちは考え、日本をリードするトップクラスの講師陣による3年間の「高等教育」と2年間の「専門課程」の一貫教育を行って参ります。

また、経営陣には、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長・主筆をはじめ、大塚陸毅東日本旅客鉄道会長、城所賢一郎TBSテレビ専務取締役等の財界トップの方々に理事として参画いただき、産学協同の精神のもと、学院運営のための環境づくりをはかって参ります。

つきましては、10月7日(火)、下記の要領にて「プレス学校内覧会」を開催することとなりました。

■日時: 平成20年10月7日(火)
■会場: 文化学院 13階ホール

■スケジュール
11時45分 開場
(1) 記者会見:12:15~12:45
(2) ご内覧会:12:45~13:15
(3) ご懇親会:13:15~14:00

■会見者
戸田 一雄(校長/元松下電器産業副社長)
山科 誠(理事長/日本BS放送代表取締役)
山東 昭子(評議員/参議院副議長)
柏木 博(特別顧問/武蔵野美術大学教授)

詳細は「プレス学校内覧会」開催のご案内(PDF)をご覧ください。

2008年9月29日

スペシャルイベントの様子をご紹介

夏の体験入学で実施されたスペシャルイベントの様子をご紹介しています。

「古谷徹 スペシャルトークライブ」の様子はこちら
「君を感じる時2008」特別公演の様子はこちら
「デトロイト・メタル・シティ」特別試写会の様子はこちら

2008年9月11日

9月15日 『米国大学経営戦略セミナー』の会場は文化学院に決定!

大学経営の総合コンサルティングを行う大学経営戦略研究所(代表 船戸高樹 桜美林大学大学院教授)では、少子化による大学経営の危機に対応するためのセミナー「米国大学経営戦略セミナー」を9月15日(月・祝)、文化学院(東京・お茶の水)で開催。「私立大学の半数が定員割れ」「大学淘汰の時代」と報道される今、大学淘汰のシナリオを覆したアメリカの大学マーケティング手法について学ぶ。

■第一部「米国における大学のマーケティングの展開」
80年代、18歳人口の減少期を迎えた高等教育機関が行った、潜在需要予測技術の導入や、学生募集対象地域の範囲拡大、学生募集手法の洗練化など、マーケティング方法について

■第二部「大学エンロールメント・マネジメント」
入学前の学生ニーズの把握、在学中の学生の満足度の反映、卒業後の支援など、現在アメリカの大学で採用されている大学経営の具体的手法について。

講師:カレン・フォックス博士・サンタクララ大学准教授(通訳付)
申込方法:住所・氏名・所属・役職名・電話番号・FAX番号を明記の上、
               FAX(03-5159-0395)またはメール(consultants@e-net.work.jp)で申し込み。
参加費:8,000円
問合せ:大学経営戦略研究所事務局(株式会社エデュケーショナルネットワーク内)
            03-5159-0395

2008年9月1日

入学願書受付がスタートします

専門課程(10月1日から)
※すでに高校をご卒業された方は9月1日から。
専門課程の詳細はこちら

高等課程(11月1日から)
高等課程の詳細はこちら

2008年8月20日

2008年夏公演『~花~』無事終了

『~花~』チラシ

皆様のご来場誠にありがとうございました。
大盛況の内に終える事ができ感謝しております。
今後ともご支援の程お願い申し上げます。

『~花~』公演の様子  『~花~』公演の様子

2008年7月27日

演劇専攻 「夏の公演 ?花?」

期間:7月24日(木)?27日(日)
会場:文化学院 講堂

在校生5名の書き下ろし作品を上演します!
自作の演出にも挑戦しています!是非、見にきてください。

※ 入場無料
※ 詳細は「花」プログ http://bunkachan.exblog.jp/まで
※ お問い合わせ:文化学院 03-3294-7551

2008年7月1日

ダンス&ヴォーカルユニットRSPがミュージックステーションに出演!

ミュージックステーション
ダンス&ヴォーカルユニットのRSP

オープンキャンパス・体験入学でおなじみのダンス&ヴォーカルユニットのRSPが6月20日(金)20時?21時「ミュージックステーション」(全国テレビ朝日系)に出演。

翌日21日にRSPのEriさんのダンスレクチャー開催!
http://bunka.gakuin.ac.jp/request/s_ongaku.html

英語の手作り絵本展が好評のなか終了しました。

文化学院の生徒による英語の手作り絵本展
文化学院の生徒による英語の手作り絵本展

中目黒の「さくらギャラリー」で開催していた「英語の手作り絵本展」。過去の作品30点ほどを展示し好評のなか終了しました。多くの皆さまにご来場頂きありがとうございました。

2009年度 指定学生会館のご案内

学生会館の様子(男子)
学生会館の様子(女子)

文化学院の指定学生会館ができました。
セキュリティ万全・快適空間があなたのキャンパスライフをバックアップ!
安心・安全・快適な学生生活をこの場所からはじめましょう!

1.朝・夕2食の手作り料理
2.必要な生活アイテムを完備
3.万全な防犯・安全対策
4.清潔で快適な共用スペース

下記6箇所の学生会館が文化学院の指定寮です。
2食(朝、夕)付で、館長夫妻が同居して様々な面をサポートしてくれますので、初めての一人暮らしでも安心できるシステムになっています。

会館名とルームタイプ 男女 最寄駅・徒歩 所要時間(目安です) 1ヶ月定期代
ドーミー西日暮里レディース C 女子 西日暮里・5分 新御茶ノ水駅・13分 6,650円
ドミトリー綾瀬2レディース A 女子 綾瀬駅・12分 新御茶ノ水駅・22分 7,800円
ドーミー金町レディース C 女子 金町駅・10分 新御茶ノ水駅・28分 12,350円
ドミトリー西葛西 A 男子 西葛西駅・6分 御茶ノ水駅・27分 7,640円
ドーミー平井 C 男子 平井駅・6分 御茶ノ水駅・18分 5,040円
ドーミー綾瀬 A 男子 綾瀬駅・12分 新御茶ノ水駅・22分 7,800円

※定期代は2008年3月現在の金額です。

学生会館ガイドの会館No.と照らし合わせて料金を確認してください。

  • 御茶ノ水駅から文化学院まで徒歩5分
  • 新御茶ノ水駅から文化学院まで徒歩6分

入寮希望者は、出願時に、入寮申込書を同封してください。
入寮申込書が必要な場合は、入試・教務室にお問い合わせください。
0120-75-1921

詳しくは『学生会館ガイド』ホームページをご覧ください!

文化学院の生徒による英語の手作り絵本展 さくらギャラリー

文化学院の生徒による英語の手作り絵本展

文化学院で1991年から開催している「英語の手作り絵本展」。
このたび中目黒の「さくらギャラリー」で過去の作品30点ほどを展示します。
展示作品は1998年~2008年に文化学院の生徒によって作られたものが中心です。

この展覧会で展示の30作品はe-book化され、3月から4月までオリジナル絵本発表サイト「絵本の窓」で公開されています。

開催期間 2008.5.8(木)~5.12(月)
開館時間 12:00~19:00
場所 さくらギャラリー
東京都中目黒1-8-12 さくらハウスB1

第58回モダンアート展 ?絵画 彫刻 版画 写真 デザイン スペースアート? 開催中


文化学院のOBOG、教員の作品が展示されてます。
是非、ご覧ください。
日程は以下の通りです。

東京会場 2008年4月23日(水)?5月7日(水)
@東京都美術館
福岡会場 2008年5月20日(火)?5月25日(日)
@福岡市美術館
愛知会場 2008年6月25日(水)?6月29日(日)
@愛知県美術館ギャラリー
京都会場 2008年7月22日(火)?7月27日(日)
@京都市美術館

ページ上部へ