@bunka1921 文化学院公式ツイッター 学校生活をつぶやいていますフォローしてみてくださいね

専門課程 総合芸術学科 美術コース

油絵を描く学生

「創る力」を手に入れ、
心の世界をかたちにする

芸術的創作活動を続けるには、好きなこと=「likework」に打ち込みつつ、生活を支える仕事=「lifework」もこなしていく「二足のわらじ」の生き方こそが大切です。また、その姿勢を生涯続けていくことが充実した人生を創造すると私たちは考えます。学びにおいても同じく、描く力と造る力をのばしながら、芸術学や美術史などの総合的な知識も養うことで豊かな表現力は身につきます。技術と教養を基盤に創作力を培い、作品を生み出す真の喜びを感じましょう。

デッサン力をつける授業

美術コースに集まる人々

  • 画家になりたい
  • 陶芸家になりたい
  • イラストレーターになりたい
  • 絵の基礎を勉強したい
  • 自分らしい表現を見つけたい
  • 作品の制作に没頭したい
特徴

現役作家たちの指導

現役で創作活動を続ける作家が授業を担当しています。油彩、水彩、陶芸などのプロの技術を学ぶのはもちろん、彼らの生き方に触れて、その姿勢や意識、思想を掴みとることは、自分の将来や創作の方向性を見定める大きな手がかりとなるでしょう。

郊外授業

公募展への挑戦

美術コースでは学生のさまざまな公募展への挑戦もバックアップします。創作を究めるには多くの作家の作品に触れることや、積極的に自分の実力を試す活動をすることが大切です。学外でより多くの人から評価されることは更なる創作意欲とチャレンジ精神をかき立てます。

卒業制作

多彩な校外学習

時には学校をとびだし、美術館、ギャラリー、アトリエや工場などを訪れます。人との出会いは自分の発想や視野を広げ、作品との対話は表現力を豊かにします。学外の活動をつうじ、関心を広く持つことで、常に新鮮な気持ちで制作活動を続けることができるでしょう。

郊外授業
授業紹介

絵画

上野 秀一 先生

絵画を勉強したい人が集まります

木炭デッサン、人体、自由表現と、多様な方法で絵画制作を行いながら、基本的な技術を習得し、構成力、表現力を身に付けていく授業です。画材は油彩、水彩、アクリルなど使用し、30~80号の作品を手がけます。

陶芸

森田 高正 先生

陶芸をしたい人には良い環境です

小作品として湯のみや小鉢から電動ロクロを用いて急須などを制作しながら、基本的な技術を身に付け、卒業に向けた大作に挑みます。土や釉薬などの知識も深く学び、個性的で表現力豊かな作品制作を目指します。


イラストレーション

津々井 良 先生

イラストを学びたい人、シルクスクリーンを学びたい人

イラストレーションを学び、イラストレーションを通して人と社会を学びます。必要な道具の作成をはじめ、基礎的な描画力、色彩感覚を身につけながら、コミュニケーション能力の強化・向上にもつなげていきます。

色彩演習

大谷 香 先生

色の勉強をしています

色の成り立ち、配色、素材や光による見え方の違いから、色が私たちの目や心にどう届くのかということまで、生活の中にあふれている色のあらゆることを学び、創作活動に役立てます。

時間割

一年生

 
1 制作演習Ⅰ イラストレーション 創作研究Ⅰ 色彩演習 陶芸演習 絵画演習
2 制作演習Ⅰ イラストレーション 創作研究Ⅰ 色彩演習 陶芸演習 絵画演習
3 制作演習Ⅰ 美術実技Ⅰ 基礎演習Ⅰ 芸術学Ⅰ イラストレーション・
シルクスクリーンⅠ
金工Ⅰ
4 制作演習Ⅰ 美術実技Ⅰ 基礎演習Ⅰ 芸術学Ⅰ イラストレーション・
シルクスクリーンⅠ
金工Ⅰ
お昼休み
5 美術史 美術実技Ⅰ 基礎演習Ⅰ 制作演習Ⅰ イラストレーション・
シルクスクリーンⅠ
金工Ⅰ
6 美術史 美術実技Ⅰ 基礎演習Ⅰ 制作演習Ⅰ イラストレーション・
シルクスクリーンⅠ
金工Ⅰ
7 特別講義 美術実技Ⅰ 美術実技Ⅰ キャリアデザイン
8 特別講義


二年生

 
1 PCクリエーション 美術実技Ⅱ 創作研究Ⅱ 美術実技Ⅱ 全コース選択科目
2 PCクリエーション 美術実技Ⅱ 創作研究Ⅱ 美術実技Ⅱ 全コース選択科目
3 芸術学Ⅱ 美術実技Ⅱ 創作研究Ⅱ 制作演習Ⅱ イラストレーション・
シルクスクリーンⅡ
金工Ⅱ
4 芸術学Ⅱ 美術実技Ⅱ 創作研究Ⅱ 制作演習Ⅱ イラストレーション・
シルクスクリーンⅡ
金工Ⅱ
お昼休み
5 造形演習 美術実技Ⅱ 基礎演習Ⅱ 制作演習Ⅱ イラストレーション・
シルクスクリーンⅡ
金工Ⅱ
6 造形演習 美術実技Ⅱ 基礎演習Ⅱ 制作演習Ⅱ イラストレーション・
シルクスクリーンⅡ
金工Ⅱ
7 特別講義 絵画演習 陶芸演習
8 特別講義 絵画演習 陶芸演習

 

学生作品
絵画作品
絵画作品
絵画作品
絵画作品
絵画作品
絵画作品

コースマネージャーからのメッセージ

生涯クリエーターでいるために
創作の思想を高めていく

陶芸をする先生

 

 美術コースではまず自分の好きなことを専門的に学んで下さい。そこからまた次のステップへ。創作活動を続けることの意味、創る喜びや感動を知ることは作家として生きるための根本を知ることです。その思想を育むことで将来充実した人生を歩んでほしいです。

森田 高正

陶芸家。文化学院陶磁科卒業。日展、日本陶芸展、朝日陶芸展、益子陶芸展などの公募展で多数の入選と受賞の経歴を持つ。個展、グループ展多数。日工会会員、工和会会員、埼玉県美術協会会員。趣味はキャンプ。奇岩を見に全国をまわるアウトドア派である。

ページ上部へ